【ココロ整備】不安や心配と幸せの共感。

保険会社さんの繋がりで、福井県の方から車検を紹介いただきました。

秋田を進学先に選択した息子さんが乗っているそうです。

 

北陸のクルマ屋さんを介して、そのお父さんの想いが伝わってきます。

『 引き取り納車もお願い出来るものでしょうか?』

『 代車もご用意いただけますか?』

『 走行距離を気になさっています、どれくらいですか?』

『 クルマの状態はどういった感じでしょうか?』

『 お支払いは直ぐにされるそうですから。』

 

行ったことが無いけど 秋田と福井県は遠いですもんね。

行ったり来たりが簡単ではない距離だし、クルマを預けているとなれば、なおさら心配が尽きないことと思います。

私も、クルマこそ預けてはいませんが、今年からその親御さんと似た境遇ですから他人事ではありません。

 

北陸のクルマ屋さんに伝えました。

「 走行距離は3万キロ、バンパーにちょこっと傷がある程度で室内もキレイにしてます、大事に使っていると印象を持ちました。」

なんだか自分の子への期待と重なってしまった様な言い方で、変だったかなと思いました。

果たしてこれがお父さんにどう伝わっただろうか。

 

不安や心配って、期待に比例して大きくなると思います。

だから、それもまた幸せのカタチと捉えられるのだろう。

あらぬ期待とあらぬ心配。ありがた迷惑かも知れないけど、親ですからねぇ 心配することで落ち着いたりするんですよねぇ。

まぁ建前としては、起きたことは受け入れるぜって覚悟で父親を気取りたいものです。

子が居るからこその想い。強く尊く受け入れようと思います。

車検完成、本日納車しました。

 

みなさん快適なカーライフを (o’∀’o)/

 

この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL