【安全運転】危険の認知。

追突され、ガソリンが漏れ出した被害車両。

現場に行けませんでしたが、引火でも起きたら大変な事態になったと思います。

事故のはずみでガソリンタンクに穴が!
   事故のはずみでガソリンタンクに穴が!

 

事故が起きた時は

①ケガ人の救助・119番に通報

②クルマを安全な場所に移す

③④と続く

 

とされていますが、危険を感じたなら周囲の方と共に『 避難 』することも必要と思います。

いわゆる二次被害の防止ですね。

119番に事情を説明して指示を仰ぐなり、到着を待つべきではないでしょうか。

今回の事故では、負傷者なし、二次被害なし。不幸中の幸いでした。

 

クルマには爆発の恐れがある「ガソリン」の他に、やけどの恐れがある「エアコンガス」や 毒性のある「クーラント」が載っています。

これらの液体は独特の臭いを発しますから、不意な事態でも嗅覚に訴える配慮なのかも知れません。

我々は普段、クルマを便利だな、快適だな、と利用していますが、危険を搭載した重量物を運行させている、と認知しないといけませんね。

そういう気付きとか自覚が芽生えれば、車間距離を採れそうだな~っと思って綴ってみました。

 

 

万が一の場合、クルマの中には「非常信号灯」が備えて有りますから、事故が起きて危険な状態ならば周知していただきたいと思います。

すべてが幸せになって、すべてが幸せで居続けることが出来ますように。

 

みなさん快適なカーライフを (o’∀’o)/

 

この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL