保険屋さんの矜持。【人身傷害】

自動車保険について主観で綴ります。

 

岡山で中学生がクルマを運転して、死亡事故を起こした 悲しい事故が有ったと知りました。

本質は知りませんが、お亡くなりになった方にはご冥福を祈ります。

 

ネット上では、数千件のコメントが投稿されていますが、その中で、「他人を巻き込まなかったのが、不幸中の幸い」と言う趣旨のコメントが多かったです。

 

あくまで私の主観です。

私が自動車保険の募集人を始めた頃は、対人対物をダブル無制限にしましょう。って時代でした。

「ヒト様にご迷惑をかけちゃイケない」って、保険って突然の賠償義務を補うためだと、認識していました。

でも今は、” ヒト様からの迷惑にも備える ” って要素が増えたと感じます。

だから私は、人身傷害も無制限、「トリプル無制限にしましょう」と取り組んでいます。

 

たくさんの保険証券を あんしん点検 してきた中で、人身傷害が3,000万円の方は多いです。

一見、高額に見えます。搭乗者傷害の頃は1,000万円の方が多かったから、その3倍と考えたら確かに。

 

「もし、ご家族が偶然な事故で重度後遺障害を被って、生涯不都合な生活を強いられたら、費用ってどのくらい掛かると思いますか?」

「そんな不都合な想像は嫌ですよね、でも想定は必要だと思うんです。」

 

~ 月100円、年間1,200円の保険料アップで 人身傷害はいくらまで上げれるだろう? ~

興味を持って みなさんの代理店さんに聞いてみませんか?

「だったら無制限にするわ」って言うかも知れません。

だってみんな安心したいんだもの。

 

偶然な事故ですら遭いたくないのに、自分の欲求を満たすための酩酊状態や無免許者の運転が加害側としたら、その望まない大きな損害に覚える憤りは絶大でしょう。

そして、ない袖は振れぬ で被害者が泣き寝入りするケースも有るでしょう。

 

この度の岡山の事故でも、故意とか、重過失とか、違法ほう助とかの理由で、葬儀費用・治療費用すらドコまで捻出されるか分かりません。

そして、こんな他人事が、いつ自分に降りかかるか不安にもなります。

 

保険って、よく分からないから 保険料ばかりにフォーカスを向けちゃうんです。

困ったときに困らない保険選び、大事ですね。

 

そして、みなさんは 誰のために安全運転をしていますか?

すべてが幸せに成って、すべてが幸せで居続けることが出来ますように。

 

みなさん快適なカーライフを (o’∀’o)/

 

この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL