【ブレーキ整備】ブレーキ用のオイル。

⚠ ブレーキオイルは消耗品です。

ブレーキ作動部のオイルは、 ” 熱 ” の影響で、劣化しやすい環境です。

 (真空引きによる交換法)

劣化・酸化したオイルは、ブレーキ能力の低下や各パーツの寿命にも影響を及ぼします。

実際に交換すると、黒や黄土色に変色したオイルが抜け出てくるんですよ。

交換後は、ペダルタッチが変わったと自覚できる場合もあります。

 

エンジンルームに在るリザーブ(予備)タンクの中だけ交換しても

(中央に在るのがリザーブタンク)

効果は ほぼありませんから、作業料金が安くなる 🉐 車検や1年点検の時に交換してください。

※ 当社では車検整備で当たり前に交換しています。

(左が虫食いのように朽ちた内部パーツ、ピストンです)

 

また、リザーブタンクのオイルが減っている場合は、「足せば解決 ♪」ではありません‼

トラブルの可能性が大ですから、速やかに信頼できる整備士にご相談ください。

ちゃんと停まるクルマで安全・安心運転 🎶

みなさん快適なカーライフを (o’∀’o)/

この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL