守るべきたくさん。

クルマ屋さんと保険屋さんのハイブリッド、
損保プランナーの さのりです。

 

ちょこっと前の事故の話です。

10代の6名が乗ったクルマの単独事故で、そのうち1名の方が亡くなられたって。

ほかの5名だってケガはしたでしょうね。

 

 

記事では「定員オーバー」と見出しが振られていた。

5人乗りのクルマだったようですね。

普段から6人で仲良しのグループだったのかな?

それとも3人と3人の?

まぁ良いや。

 

運転経験の少なさはそのまま、安全と危険の判断材料を持ち合わせてないって事だと思います。

誰だって無事故無トラブルが理想だから、事故や不都合なんて想定すらしたくないでしょう。

でもクルマは簡単に人の命の失わせる可能性がある。

簡単に人間を不幸にするって事ですよね。

奪った、殺した、そんな表現をぶつけられる事だってあり得ると思います。

本当はただただ便利なだけで在って欲しいのにね。

 

運転者は人の命を預かってクルマを運行している。

同乗者は自分の命を預けている。

だからせめて、速度と車間距離とシートベルトの着用は守って欲しいと願うのです。

若いと理解しがたいかなぁ、カッコ悪いかなぁ。

当然に安全に、目的地に到着してるワケじゃない。

今日までがラッキーだっただけかも知れないのだ。

 

親しき仲にも礼儀ありって言うよな、仲良しだって永久の約束じゃないんだよな。

安全に運転を終えられるような運転も礼儀だよな。

あ、社会に対する礼儀でもあるんだな。

いろんな大事があるな~って、あらためて思います。

 

クルマをどう活用するかは運転者と整備士次第。

緊張感を以って貢献させていただきます。

みんなの幸せがどんどん膨らみますように。

 

みなさん快適なカーライフを (o’∀’o)/

 

この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL