ワナワナ結末。

クルマ屋さんと保険屋さんのハイブリッド、

損保プランナーの さのりです。

 

3月中旬に起きた物損事故が結末を迎えようとしています。

私自身は納得していませんが、懐の深い弊社のお客様が話を収めるカタチを選択しました。

気の毒な人だなって感じで。

 

この狭い道路で、道を間違ったからUターンしようとして駐車スペースに入った相手と、

後続車両として通過しようとしたお客様との接触事故なんです。

※ 状況は警察官さんも確認してます。

 

    急いでUターンしようとした現場。

 

修理代は自分が支払います、のスタートが

相手が飛ばして来た、だの

Uターンするの待っててくれれば、だの

自分は動いてない、とか

そのくせ社外調査はかたくなに拒否して

だけど過失は譲らないって。

(〃≧∀≦)ゞ ドンダケ~ 💣

 

『 しょうがねぇ相手だな。』

そう言って過失割合を呑んだお客様。

弊社としても修理金額を調整する格好を採ります。

でも、そうまでして収める方が良いんだろうなぁって思いました。

ため息が出ますけどね。

 

過去の判例でも、状況を客観的に捉えても、ホントに分かりやすいケース。

道路上はお互い様なんだから、赦し赦される覚悟が大事だと思います。

こんなに時間を浪費する案件じゃないでしょう。

仮に自分たちが逆の立場だったら?

って考えたけど、・・・さすがにねぇ。

 

お客様の懐の深さに学びをいただいた物語になりました。

私もすすんで大人な対応を採れる人になりたいなって思いました。

終わりに独り言を。

「 ( みなさん、ドラレコ付けませんか?)」

 

みなさん快適なカーライフを (o’∀’o)/

 

この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL