な~んか軽で。

車検整備をしていると・・・

 

軽自動車のブレーキパッド交換 🔧 が多い気がします。

走行距離のワリに。

気のせいかしら?

 

 

今回は5年・4万km で、かなり危険な状態でした。

 

初回車検で交換するケースも有るし、車検2回につき交換1回って感覚。

ブレーキ性能には問題は感じないけど、消耗に関してメーカーはどうお考えなのだろうか?

コストの都合として仕方ないのかな?

 

 

何とかして良い方に考えましょう。

 

あ、そうそう。

車検では、ブレーキパッドの残厚を確認しますが、” 何mm 未満なら交換 ” なんて法律は有りません。

検査の時に ” 止まる基準 ” を満たせば車検は通ります。

そして、ブレーキパッドを交換するにしても、パッパッって差し替えるだけじゃなくて、ケアするべきポイントがいくつか有るのです。

この辺はお店とか整備士の考え方が反映されると思います。

早く安く、を追求されてるユーザーさんはこの辺の見解合意をご確認しといたら良いと思います。

何より、不都合が起きてしまったら悲しいですからね。

 

いろんな場面で ” 安い ” ってイメージの貼り付く軽自動車。

必要な整備費用を削ってまで ” 安い ” の維持に意地を張っても、結果的にはね。

ソコはユーザーにも、車検屋さんにも共通かな。

早期発見・早期治療が何より安心だし結果安いし、その機会は、ちゃんとした車検や整備士のタイヤ交換・オイル交換です。

命や家計に配慮出来る整備士を選択したら良いと思います。

なにとぞ。

 

みなさん快適なカーライフを (o’∀’o)/

 

この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL