鏡で鑑に。

通信機能付きのドライブレコーダーを取り扱っています。

自動車保険の特約で、システムとして借りるモノだから、途中で返すも可能だし保証期間も気にする必要無し。

ただ、前方だけってのと、黒色しか選べないのがネックだな。

白とピンクが有ればなぁ。

まぁ良いや。

ちなみに市販品もガンガン着けてます。

(〃≧∀≦)ゞ so yupiteru ♪

 

 

このシステムを利用すれば、顧客の安全運転支援が出来ると思ってるから参加し続けています。

トラブル後への期待ももちろん、私とこのシステムと保険会社が掛け算でサポート出来ると確信しています。

 

そんな決意が功を奏したのか、4台所有されているご家族が次々と、結局すべてにシステムをご利用いただくことになりました。

こちら側に対する期待値が高いことに嬉しく思い、あらためて貢献欲求がプックプクに湧きます。

 

それにしても、最近流行りのように報道されるクルマの事故・・・

クルマって、こんなに危険な乗り物だったのか。

そう思われていらっしゃる方は多いのではないでしょうか?

クルマは、簡単に人の命を奪える速度と重量で走っていますからね。

危険物のガソリンまで積んでるんだから、なおさらです。

でも、危険な結果を生んでるのは、操作している人間ですよね。

人がどんな意識で、心構えで運転してるか?  を考えれば良いのだと思います。

ヒトゴトではなく、自分ゴトとして捉えましょう。

 

時折りで良いから、勇気を持ってご自身の運転画像を確認してみてはどうでしょうか?

客観的に、車間距離の印象はどうだろうか?

停止線では優しく停まっているだろうか?

ソコだけでも充分、より安全運転者に向上すると思うんです。

あ、私は当時、自分の歌声に驚いて音声機能をOFFしました。

まぁ良いや。

 

より安全な環境を自分が準備する。

みんながそう思えれば、勝手に善い社会になるだろうな。

 

 

積み上げた1年の運転データを基に、良い評価を受けたお客様。

自分の事のように嬉しく思います。

もっと出来るサポートがあるはず、これからも頑張ります ♬

 

みなさん快適なカーライフを (o’∀’o)/

 

この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL