親に成って知る心。

痛々しく入庫したクルマにはドラレコが搭載されていました。

資料としての画像使用に快諾いただきましたので、さっそく。

 

 

たった数秒の出来事です。

まるでダッチロール、スリップ音や慌てる声が危険さを増幅させる。

乗っていたのは若い女性一人です。

 

 

走行不能になってから、どれくらい孤独だったかは聴いてませんが、怖かっただろうな。

 

修理が終わった愛車を納車しに行った時は、打ち付けるような雨が降っていました。

お父さんは、濡れることを全く厭わない感じで修理箇所を確認しながら、後ろから来たご本人に優しく言いました。

『 気をつけて乗るんだよ 』

どんだけ心配して、その短い言葉に想いを込めているんだろうな。

きっと抑えている感情もあるだろうな。

止まない心配、都合の悪い想定。

若年の運転者にしてみれば、当然と感じている交通の安全と帰宅なのかも知れない。

この経験も以って、安全運転と ご家族と ご自身の尊さ に気付き始めて欲しいと望みます。

 

油断でしょう、見通し良好な直線道路ですから。

「 ちゃんと前見て、運転してね 」

動画を確認させてもらった私からの想いも、何らかの良い気付きを生んでくれれば良いな。

大きなケガにならなくて良かったです。

同時に自問します、「 お前さんはどうだい?」

あらためて家族に感謝し、また安全運転のアイディアを探します。

 

みなさん快適なカーライフを (o’∀’o)/

 

この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL