【ココロ整備】のど自慢な環境。

義兄の兄、つまり私の兄が のど自慢に出るってので、慌ててチャンネルを変えました。

 

ずいぶんと番組の雰囲気が変わった気がして、何年ぶりだろ?

でも、鐘の音は記憶のままなんだな。

 

 

兄の歌に対する鐘は足りなかったけど、元気な姿を視れたし、どこかメッセージみたいなものも感じれた。

(〃≧∀≦)ゞ キンコンカンコン ゴウカク ♪

 

誰かのために。

自分を変えるきっかけになれば。

長い結婚生活への感謝を込めて。 など

 

出演者さんたちがインタビューで答える 参加した様々な理由。

感情が歌に乗っかってるんだろうな、兄の順番が過ぎても しばらくチャンネルを戻さなかった。

デジタル放送だけど、きれいなアナログっぽく感じたのは、私の記憶がアナログ時代のものだったからか?

記憶や感情にも デジタルとかアナログとか、あるのだろうか?

 

初対面だらけ だろうに、感情開放で表現して、終われば隣の人とハイタッチして。

すごい雰囲気だ って思ったけど、たびたび視ている人たちにすれば当たり前の光景で、そんな方々が出演するんだから雰囲気は ” そう ” なるんだろうな。

何だか勉強になりました、と言えばまた、カタブツだって言われそう。

良いもんですね、のど自慢。

 

みなさん快適なカーライフを (o’∀’o)/

 

この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL