安全側通行で。

交通安全を願う、さのりです。

 

歩行者って右側通行が前提でしたっけ?

なんて調べたら結局、危険じゃない側を・・・と。

確かに、安全を優先して臨機応変せよって感じか。

 

 

歩行者目線で考えると、クルマから気付いてもらうのは早い方が良い。

だとすれば左側通行を選択すると思います。

クルマ側としても早く気付けた方が安全確保の都合が良いですもんね。

 

そしてクルマのヘッドライトも、歩行者を視認しやすくなるように左側のライト照射範囲を広くしています。

壁にライトを照らすと左右差がはっきり分かりますし、車検時に調整しているんです。

ちなみに右側は対向車が眩しくないように、ちょっとだけ下を・・・

『 歩行者や自転車には眩しくしても良いのか?』

最近のクルマに着いているオートライト機能への疑問も含め、ご意見・要望は国に放ってくださいね。

 

目的は安全。

みんなが幸せを継続・増幅出来るように、みんなで交通安全に取り組む意識が大切です。

クルマは左側通行の安全運転で決まり、として。

道路を利用される方々がその都度判断されて、安全・安心を得て欲しいと願います。

すべての幸せが膨らみますよう ♬

 

みなさん快適なカーライフを (o’∀’o)/

 

この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL