72条な話。

クルマ屋さんと保険屋さんのハイブリッド、さのりです。

 

交通事故があった場合、ただちに最寄りの警察署に報告しなければいけない、って話です。

 

過去の事実です。

お客様が事故を起こした際、最寄りの交番への届出を翌日に回してしまった事がありました。

そしたら即、叱られました。

『 あなたたちを疑わざるを得ない。 』 と。

 

★飲酒・酒気帯びだったから逃げた。

★誰かの身代わりとして出頭した。

★その他、なんらかの不都合を隠すため。

 

『 誰があなた( 運転者 )の潔白を証明出来るのですか? 』

そう言われ、純真な届出のつもりで訪問した私は、すごく驚いたのを憶えています。

記憶や痕跡は時間が経つとどんどん消えてしまう。

すぐに届出をしないと、証明出来る詳細が少なくなってしまうのだと教えていただきました。

すごく熱意のある説明をしていただき、感謝しかなかったです。

 

 

そんな経験が手伝って、交通事故は即報告するようお願いしているのです。

事故を証明する権力は警察に有ります。

逆に言うと、警察への報告が無ければ事故内容を証明出来ないって事です。

自分の潔白な部分を証明する事も、です。

真実が塗り替えられる可能性だって出てきます。

事例を以下に、

 

 

▲ 他人の名刺を使って名乗ってきた。

▲ 一晩経ったら、事故状況の言い分がガラッと変わった。

▲ ブツけてない箇所まで修理を要求してきた。

▲ 警察を呼ばない、で納得して帰ったのに、相手が現場に戻り、警察を呼んでいた。

▲ 身体は平気だと言ってたのに、後日診断書を持って来た。

※ この5点はすべて、私の経験談です。

 

気持ち悪いですね、怖いですね。

こんなのを回避するためにも、即警察へ報告してって事です。

間に警察が入るってだけでも安心出来るものだと思っています。

そしてお願い、ドラレコを着けて欲しいです。

なにより都合が良いのは解決が早いことですから。

 

みなさん快適なカーライフを (o’∀’o)/

 

この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL